京滋ユアサ電機の人

ホーム  >  コンセプト  >  京滋ユアサ電機の人  >  田中 秀則

田中 秀則Hidenori Tanaka

電装事業部 システム営業課(課長)

高い技術力を基盤に、「安心・安全」を形にしていく

Q.仕事内容とやりがいについて教えて下さい。

大型車両ユーザー向けの電装機器を販売しています。
お客様は運送・産廃・バス会社さんが割合を大きく占めていて、その分野と関連する大型車ディーラーさんとも取引をしています。
販売はドライブレコーダーやデジタルタモグラフなどがメインですが、それはあくまで切り口であって、お客様のご要望によってご提供する商品は様々です。
私たちの業界では「安心・安全」が主軸となっているので、その「目に見えない『安心・安全』をどのように形にしていくか」を考え、お客様に提案することがやりがいとなっています。電装機器といっても決まった商品だけではなく、お客様のニーズを伺った上でいろいろな提案をし、その都度形にしていくことができるので、そこがおもしろいと感じています。

Q.京滋ユアサ電機の強みについて教えて下さい。

京滋ユアサ電機には創業から80年以上の歴史があり地域密着型かつ電装事業を特化させた会社としては業界に先駆けて着手した会社です。創業当時から積み重ねてきたノウハウや信頼性などは強みとなっていますし、その長い歴史の中で磨かれた技術力にはかなり自信があります。
また、弊社の営業は提案から機器の取り付けまで幅広く対応することができるので、取り付けのみ専門業者に委託することが多いこの業界の中では強みとなっていると思います。何より、余分な費用がかからず、取り付け後のトラブルやフォローも窓口が一つなので、お客様にとってのメリットが大きいですからね。


Q.今後の目標について教えて下さい。

システム営業課としては、まだ他社さんに負けている分野でどんどん京滋ユアサ電機を知ってもらえるようにしていきたいと思っています。 個人的には、システム営業課に人が増えてきているので、マネジメントの責任感が強くなってきています。 後輩たちにしっかりと背中を見せ、人が成長するトリガーになったり糧になったりする存在になりたいと考えています。


京滋ユアサ電機の人一覧

ENGLISH